キレイを手にしたいなら|あの人の美しさは亜麻仁油にあった

シニア

健康的な体を維持する

酢

黒酢には血栓が詰まるのを予防する効果があり、取り入れると動脈硬化や心筋梗塞を防いでくれます。血流を促進させる効果もあるので、冷え症の予防にもなるそうです。毎日摂取すると、真冬でも過ごしやすくなります。

特保の効果的な利用方法

体重計

現在の日本は食事が欧米化しており、脂肪の摂取量が増えています。また脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありタイプが異なります。ですから内臓脂肪を落とす為には内臓脂肪に働きかける効果のある食材を摂取する事が大切です。

赤ワイン成分への期待

サプリメント

ブドウの皮や赤ワインに多く含まれるレスベラトロールには、様々な健康作用への期待がかけられている。現在では効果を認める結果と認めない結果が混在している状況だとされ、しばらくは研究が続くと見られている。成分には抗酸化作用の他、長寿遺伝子や代謝への活性効果があるとされる。

健康効果が高い油

種

注目されている油の特徴

現在では様々な食品に対する健康効果への注意が向く様になっています。その中で近年の研究によって、一般的にイメージが高いとは言えなかった食品での有効性が発見される様にもなっています。油もその1つで、従来では高カロリーのイメージが高かったものが、現在では種類によっては有益と見られる様になっています。そうした見方をされている油の1種に、亜麻仁油と呼ばれるタイプがあります。亜麻仁油とは中央アジア産の草の種から取れる油の事で、人間に不可欠な必須脂肪酸の1種であるオメガ3系脂肪酸を含む事が発見されています。亜麻仁油に含まれるオメガ3系脂肪酸はαリノレン酸と呼ばれており、摂取した一部が体内でDHAなどの有効成分に変化するとされています。DHAにはアレルギーや認知症、脂肪合成などといった現象の抑制効果があるとされており、これらの疾病予防や肥満改善への効果が期待されています。そしてその原料であるαリノレン酸を含む亜麻仁油にも、健康的な調味料としての期待がかけられています。

使用上の主な注意点

亜麻仁油による肥満抑制効果とは具体的に、中性脂肪の増加を抑える効果が高い点が挙げられます。体内で脂肪が付きにくく、血圧を低下させる効果もある油とされているため、料理で有効に活用したい油と言われています。その一方で、用途に関して注意が必要な点も挙げられます。亜麻仁油は比較的酸化されやすい成分を含む食品とされます。また熱によって酸化が加速すると成分分解が起こりやすく、加熱調理には向かないとされる面が挙げられます。したがって使用の際は、ドレッシングなど生のままで食べる様な製品に使う事が勧められています。開封後はできる限り早めに使い切る必要があり、繰り返し活用には向かない油とされています。またどうしても保存したい場合は密封し、低温下で保存する必要があるとされています。また食べ合わせにおいて、オメガ6系脂肪酸とは一緒に摂らない方が良いとされます。オメガ6系脂肪酸にはコーン油や紅花油などに豊富に含まれるリノレン酸などが属しています。この2種の脂肪酸は体内で共に同じ酵素で分解されるため、同時に食べると分解作業の競合が起こり、吸収効率が悪くなるとされています。